シミとは少し違った肝斑をクリニックで治そう

原因と治療法

ウーマン

肝斑の原因を知る

肝斑が出来てしまう理由として、女性ホルモンバランスの崩れや紫外線を浴びたことによるメラニン色素の反応も関係されています。ホルモンバランスは、女性特有の問題である妊娠や更年期が関係していることから、男性にはあまり見られない症状です。

肝斑が出来る部分

肝斑は大きく分けてシミの仲間といえる一つですが、目立つ場所に出来る点で悩まれている方は多くいます。肝斑は特に顔にできやすいのが特徴としてあげられます。目の下の外側にかけての部分や、頬骨が出来やすい部分です。

直接塗る方法

メラニン色素が活発に発生した箇所が肝斑となるので、そこに直接外用薬を塗る治療も存在しています。内服薬と一緒に処方されることも多いです。この外用薬はメラニンが増えていくのを抑える働きをしています。

レーザー治療

美容クリニックなどでは肝斑の治療はレーザーを照射することによって行う施術方法もあります。肝斑が出ている箇所に直接狙うことによって、肝斑を蒸散させて治療を行なっています。肝斑の治療を行っている美容クリニックは大阪にもあります。

メラニン色素を防ぐ

肝斑の治療は専用の飲み薬による治療が存在します。国が認めた薬となっており、肝斑治療に役立てるために効果のある内服薬です。メラニン色素の生成を抑える効果があるので選ばれています。肝斑は大きく分けるとシミの一つなので、シミの原因をなくす事が肝斑の治療にもつながります。

広告募集中